うつわのかけら

<   2010年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

窯の中で分子が

土がやきものになる過程。
1200℃以上(だいたい日本では)の高熱にさらす。窯の中の空気の温度。
イタリアでは一般的にマヨルカとよばれているやきものは950℃。
使われる土の耐火性によっての温度差。

科学の授業、しかもイタリア語!これかなり苦痛でした。
日本よりは素材が豊富とはいえないので
やはり釉薬に関しても自分でより工夫する必要があるのかもしれない。
釉薬が融ける融けないは素材の成分分析が基準になればあてはまる
ゼーゲル式というモル当量の計算式があります。
原料(長石や石灰石、珪石、マグネサイト、カオリンなど)
を成分にわけちゃう。
例えば長石にはSio⒉Al2o3 Fe2o3 CaO K2O Na2o Mgo
その成分のパーセンテージの分子量を分子の数で数値化する。
そうして釉薬として溶かすには成り立つ RO(Fondente 溶媒 塩基性) 
R2O3 (stabilizante粘性質 中性)RO2(Vetrificante酸性)
(RはSIだったり、Naだったり)
RO(塩基性)+R2O(酸性)を1という基準にしてAl2o3 (中性)Sio2(珪酸性)
のモル当量というものを割り出す。融ける融けないの数値は先人のデーター
によって基準があります。

実験としてはやったことはありますが、
実際の調合には使っていません。
原料合わせ(グラムで)という日本では一般的な方法や
市販の釉を調整したり。
窯の中でこういうことがおこっているんだなあという位。

木の葉天目とかは葉っぱは当然有機物で、なくなっちゃうはすだけど
釉薬の成分と葉っぱの成分の科学組成の変化によってのこるんですね。

あ、まちがって器の上にメモの紙をのせてそのまま本焼きしまったことが
あった。なんと十分の一くらいにちっちゃくなって字もちっちゃくなって
残っていた。面白いね。

ちなみにある窯の中が温度以上になると(1200℃以上ではすでに)
やきものは白く輝く。光の3原色の真ん中みたいに。

f0202242_1353568.jpg
[PR]
by dudu05k | 2010-05-31 01:42

悠々と泳ぐ

貫禄の姿。
30センチはありました。ミミズです。
お供えの卵あなた、しっかりいただいてません?
いったい何歳?

熱田神宮。
NAGOYA day's
オゾンの森の中歩きました。
ゆったりと。
今日は神様も雨音聞いて
のんびりしてるのかな。


f0202242_2193952.jpg





現存する名古屋最古といわれる壁。

最古の石橋。

展示してある剣(刀)、
美しいって思った。
ゆるやかなカーブや華奢と思えるような細さ、
剣先のエッジ、
人を斬る道具。
つくり手としては
まちがっちゃいけない。
真剣だ。



推定1000歳、楠の木。すごいね。
囲われていた。
お目にかかれてうれしいです。
やっぱりシャッターおしてしまうよ。





f0202242_215756100.jpg
f0202242_228265.jpg
1000年のおなか。おしり?グラマーだ。
f0202242_22314097.jpg
龍だ〜。
ん〜それにしても毛深い。
ノキシダというらしい。
[PR]
by dudu05k | 2010-05-29 22:39

空を回った子供は




f0202242_2325689.jpg




大人になった。
それはとてもワクワクする
嬉しい出来事だった。



f0202242_23421159.jpg
f0202242_23475829.jpg
                

         
f0202242_9562087.jpg

夜景なんか奇麗だろうね。   
NAGOYAにて。
[PR]
by dudu05k | 2010-05-27 23:48

ラスター彩

三彩といえばやはり加藤卓男さん。

土の仕事をやりはじめた頃からかいつからかは
わからないけど作品だけは知っていました。

知らなかったのは代々にわたる窯元の当主だったということ。
「あ、そうだったんだー」オオボケです。
ラスターはペルシャ由来で三彩といえば唐、中国由来。
代々とどうもむすびつかなかった。

幸兵衛窯、岐阜県多治見です。
名古屋にほど近いので寄らせて頂きました。

やっぱり興味があるのは
その表現方法にむかわせる情熱みたいなもの。
観させていただきながら
お身内の方か、スタッフの方かお聞きしなかったのですが
私みたいなちょっと立ち寄ったものにも
いろいろなお話をしていただいて
いい時間をすごさせてもらいました。

ギャラリーの堂々の古い建物。
その裏側には室町時代の再現の登り窯。
「移築って柱を全部ばらして?」
「古い建物の移築もきっと(卓男先生の)こだわりでしょう。こういうことが
できるのも先代の偉業があってもことだということは言っていました。」

六代目という代々の重さをきっと
痛いほど感じていたからこそ
先代と違う表現をもとめていらしたのかなあ、
日本のやきものの元の方に。
陶磁器のおおもとをたどると中国やペルシャに向かうのは
きっと卓男先生にとっては自然なながれなのかもしれない
なんて妄想してしまう。
書き物をしていらした机の様子が展示してあって
色とりどりのポスターカラー。
作品の構想を練っていらしたのかな。
絵の具のパレットがミッキーマウスだったのが可愛い。


7代目当主が小さい頃は窯たき職人さんが居て
『おふろのお湯が真っ黒になったなんて話もききました」
電気や石油がない時代。
穴窯のお手伝いをさせていただいたことはあるけど、
その時代に生まれたらとてもやきものなんてやってないだろうね。

幸田 真音さんの小説で窯場を渡り歩く職人さんの話思い出した。
もっと昔の領主のおはなし。


f0202242_20215732.jpgf0202242_2023421.jpg
ギャラリーのペルシャの古陶
[PR]
by dudu05k | 2010-05-26 20:20

雨女

です。
なんかね、要所要所。
名古屋個展「le colnice」(額)の会場最終日(イゾレさん)にお伺いしました。
足下が悪いにもかかわらず足を運んでくださったお客様、
お会いできなかった方、
ありがとうございました!

気分はそわそわ浮き足立っているの。
(この年でアレなんですが人見知り♡)
高揚感を沈める土砂降り。

雨に愛された(!)こそちょっと楽しんじゃった気がする。
ちょい一泊のつもりがあれれの2泊。
ご縁がなかった土地や方々との出会い。


f0202242_11164545.jpg
名古屋市千種区猫洞通、本山というこのあたりは
かつて外人住宅が多く立ち並んでいた地域。
isoleeさんのこの建物も大家さんのご主人(アメリカの方)と住まわれていたそうです。
今のこっているのはここ位だそうです。
f0202242_1152288.jpg

f0202242_12105989.jpgf0202242_12253463.jpgf0202242_1224572.jpgf0202242_126281.jpgf0202242_12332748.jpgf0202242_20512912.jpg




























grazzie mille!
[PR]
by dudu05k | 2010-05-25 20:49

名古屋で



f0202242_1122346.jpg


個展「le cornice」

isolee さんです。
2010年5月20(木)~23(日)
名古屋市千種区猫洞通3-7-48
tel : 052-763-6160
12:00~19:00

http://www.cholon.jp/new2.html


お待ちしてまーす!



isoleeさんは前から納品させていただいていたのですが
個展ははじめてです。
まだお伺いしたことがないのですが
ロケーション的にもちょっと素敵なところです!
isolee フランス語で「島」イタリア語だとisola。
そう、フランス語だとアンニュイでモゴモゴっと。イタリア語だとキッパリ。
タイトルの「le cornice」は額。
器はやっぱり食べ物が主役なんですよね。
他に楕円のお皿(石膏型)などが並びますが、
作っている時にあ、これ額だあ、って。
白いラインの境界線。ちょっと後付けっぽいかな。

写真はグレイの生地に白磁土を張り合わせてろくろ引きをしています。
今回は3段に挑戦してみました。トリコロール!
これ、違う土を乗せるタイミングがむずかしかったです。

いろいろやってみるのって楽しいんですよ。
(そこで思っていたほど期待していた効果があんまり出ない時もあるんで
すが、アレレ、ザンネンだ、トホホっていう)
どうでしょうか。




f0202242_12311390.jpg
[PR]
by dudu05k | 2010-05-15 11:39

シャクヤク

芍薬。ボタン科です。

読んで字のごとく根っこは薬になるらしい。
このシャクヤクとは品種が違うのかな。

カーネーションにしようか、とも思いましたが、
(母の日マジカですし、数年前に亡くなっているので気持ちとしてネ)

目についちゃったんです。
イメージとしてはもっと大輪だった気がするけど。
一輪で(どうだー!っていうような)
たいへんなんだろうな。大きくするのって。

リーシー・リー展
なんかバタバタしてて
まだ行けてませんが、楽しみにしています。
(落ち着いて観たいです。)
チラシのブルーの器。
このローズ色のシャクヤクをいけたりしたら美しいだろうなあ。


f0202242_1232146.jpg


f0202242_12322871.jpg
[PR]
by dudu05k | 2010-05-08 12:35

肌合い

の表現がとても好きな作家さん。
個展のお知らせが着ました。

すどう美術館。
神奈川の住宅地から銀座へ、利根川さんを通じて知りました。
かつてイベントに参加させていただこともあります。
今のロケーション(小田原)もなかなか素敵です。

随分前に造形作業のバイトで知り合ったお友達。

以前は木を扱っていてそれも良かったのですが
紙粘土(多分紙に粘着性のものや何かがはいっている)
をあつかって大分たちます。

f0202242_933433.jpg


f0202242_9361054.jpg
[PR]
by dudu05k | 2010-05-06 09:39

「オオタニワタリ」

いままで見たことがなく。
なんだろう?と気になっていました。
食べたことのないものってあるんですね。
宮古島から来ていました。


大久保に出来た有機野菜とか売っているお店です。

生まれましたーっていうきれいな緑。ぜんまいとかそういう、
葉ものにしてはちょっと原始的なお姿。シダだわ。
先がくるんとして愛らしい。ふんわりやわらかそう。



わ、どうしたらいいの?
考えぬいた末(ウソ)
基本でいこうと
さっとゆでて塩とオリーブオイルでいただきました。
プリっとした食感!
気にならないくらいのえぐみ。

貴重。
宮古島の原生林に思いをはせました。

f0202242_2045444.jpg
[PR]
by dudu05k | 2010-05-05 20:46

「しかしそれだけではない。」

それだけじゃなかった。

サブタイトル(加藤周一 幽霊と語る。)
ドキュメンタリーです。

ちょっとおどろおどろしい。
幽霊?おばけ?イタコ?

加藤周一さんをあまり知りません。
超ご近所の映画館。「ポレポレ東中野」
池沢夏樹さんのトークショーありに吸い寄せられて入りました。

いぁ~すごいんですよこの映画の視点。

前のめりになって視てしまいました。、
加藤周一さんはお亡くなりになっているので
実際には(幽霊)ゴメンナサイ
(言葉の比喩じゃなくって、実際に加藤さんは幽霊と話してるの。)
思想というか、哲学というか
そういう頭の中の考え方(プロセスも)のドキュメンタリー。
これは面白いですよ。
最初は戦争が始まったという瞬間に自分は能の舞台を観ていて
外のざわざわとの強烈なギャップ。
野村万蔵という人の(その時の)演技は凄かった。
にはじまって、
(平和憲法をかえたらよくないんだよ)というのを
言わない訳にはいかない理由はすごく判りやすかった。
その考え方の細やかさ。とても丁寧なんです。エレガント。
説明するイメージの映像はすごく控えめで
90分ほとんど加藤先生が一人で話している。
(相手は私たちだと思うんだけど)
話って、どこにいくかわからない
それがすごいドキドキ感なんですよ。
スリリング。
こっちに全部ゆだねられちゃっている。
いろんな知識人にとってのヨーダ的な方だったっていうことだけじゃなくって
(加藤先生の明晰さや、文化や世の中への見識がすごいとか)
なんだろう。不思議な感覚。
言っていた。「幽霊のいうことは変わらない。」


この映画で加藤周一さんを知れてよかった!
[PR]
by dudu05k | 2010-05-04 11:59